キャッシング限度額を増額する

利用限度額を増やしたい!っと思ったら?

利用がすすんでいくと、あと少し借入れしたいなぁという状況が出てくる場合があります。

 

これが多重債務に繋がる場合もありますが健全利用であれば、消費者金融にとっては有難いはなしです。

 

今回は、利用限度額の増減についてお話したいと思います。

 

増額について

 

契約した後に気になるのが、増額のタイミングです。
増額=信用がついた
という図式にもなります。

 

消費者金融の利用において信用度UPを確実に得る近道は
定期的かつ真面目にその会社を利用することです。
一度の利用で高額を利用すれば信用が得られるというわけではありません。

 

細く長く借りて、利益に貢献する事が信用を勝ち取る近道なのです。

 

具体的には、初回契約時からの利用履歴において
延滞なしが絶対条件となります。
たとえ一日であっても、延滞は延滞なので、それをしてしまうと、その分増額の道は遠くなります。

 

そして、継続的な利用も重要とされます。
借入れするという事は、あなたの経済状況が不安定とも取られかねませんが、それは正確ではありません。
なぜなら、消費者金融は借りてもらって利益を出しているからです。

 

紙一重ではありますが、経済状況が不安定を匂わす利用者ほど上客に育つ可能性もあるからです。

 

逆に、間隔を開けて利用するのは良いイメージがないようです。
利益に貢献していないから!というわけではなく、たまにの利用は、警戒心を与えてしまうからのようです。

 

また、たとえ利用限度額内だとしても一気に全額借入れするのは、相手に危険感を与えてしまうので、やめておきましょう。

 

増額するうえでの注意点

 

他社の利用件数を増やすのはやめましょう。
ここは、重要なポイントになります。

 

ここを気をつけないと、いくら真面目に返済を続けていたとしても良い方向にはいきません。
どうしても、借入れをしたい場合は、現在利用中の会社に増額の申請を出すことをお勧めします。

 

真面目に利用していれば、基本的には50万円までは増額しやすいようです。
それ以上の増額の場合は、収入証明書の提出を求められる事が多いです。

 

増額判定期間は各社まちまちですが、ここ数年の貸倒しや事故状況を踏まえてスパンを長く取る傾向にあります。

 

6ヶ月間の利用状況で判断していたところが、9ヶ月間〜1年間は取ったりというように判定期間が長くなってきている傾向にあります。

 

最低でも6ヶ月間はみておいた方が良いでしょう。

特集!失敗しないキャッシング会社を選ぶために

即日融資カードローン

フリーター・主婦でも借りれるカードローン

収入証明書不要のカードローン