借入予定金額は年収の何倍

借入予定金額は年収の何倍程度にしたらいいの?

キャッシングの申込みをするときには、申込みに必要な事項を入力していく必要があります。

 

ここで、入力事項の1つに「借入予定金額」がありますが、「いくらと入力するべきか?」という問題があります。

 

あまりに多く入力しすぎてしまうのも良くありませんし、逆に少なすぎては、必要なお金が借りられないのではないか、という不安もあります。

 

ここでは、借入予定金額をいくらと入力するべきかを考えてみたいと思います。

 

 

総量規制の基準では「年収の3分の1」

まず、キャッシング業者を規制する法律に出資法があり、その中の規制に「個人の年収の3分の1を超える貸し付けは、原則として禁止」という規定があります。

 

そのため、基本的には、自分の年収の3分の1を超える借入予定金額を入力しても認められることがないと予想されます。

 

 

借入予定金額は10万円がベスト?

通常、キャッシング業者の設定する「利用限度額」は、10万円単位で設定されることが多くなります。

 

そして、審査結果によって10万円単位で利用限度額が設定されることになります。

 

ここで、通常は、本人が希望する金額が少なかったとしても、審査結果に応じて、本人の希望金額を超える借入れが認められることもあるのです。

 

つまり、本人がいくらの借入れを希望していても、審査結果に応じた利用限度額が設定されることになるのです。

 

そのため、"借入予定金額"については、利用限度額の最小単位である「10万円」としておくのが無難です。

 

多く入力しすぎてデメリットとなることはありますが、少ない金額を書いたことでデメリットを受けることはありません。

 

毎月返済可能な金額を考え、返済シミュレーション!

では、実際にいくらまでなら返済が可能であるかは、各キャッシング業者の公式サイトにある「返済早見表」などをみるか、プロミスの「お借入れ可能額シミュレーション」を使うようにします。

 

プロミスのお借入れ可能額シミュレーションは、「返済が可能な月々の金額」と「返済期間」を入力することで、実際にいくらまでの借金ができるかを確認するためのものです。

 

たとえば、月々2万5千円の返済が可能で、5年間かけて返済するという場合なら、「98万8788円」まで借りることができる計算になります。

 

逆に、この金額を超える借入れをしてしまうと、予定よりも長期間に渡って返済することになるか、返済が困難となることが予想されます。

 

借入予定金額を検討することも重要ですが、自分の返済可能な金額を確認しておくようにすると安心ですね。

 

--------------------------------------------------

 

特集!失敗しないキャッシング会社を選ぶために

即日融資カードローン

フリーター・主婦でも借りれるカードローン

収入証明書不要のカードローン