キャッシング減額

キャッシング枠って減額されることってあるの?

前回は、増額にかんする注意点を記載しましたが
今回は、減額に関する注意点をピックアップしたいと思います。
近年の貸倒事情の悪化から、少しでも危険と
目をつけられてしまうと、減額されてしまう傾向にあります。

 

何度も延滞を繰り返すなど、目に見えて自分に非がある利用を
した場合、減額されても仕方ないと思えます。
しかし、一度も延滞していないのに、減額されてしまった
という事もあります。

 

利用者は、延滞さえしなければ大丈夫という意識があります。
それは間違ってはいませんが、それだけではありません。
延滞しないことは、当たり前の事として、それ以外の要素にも
気を配って行くことが大切です。

 

減額にならない為の注意点(本人情報)

 

クレジットカードであれ、消費者金融であれ
複数カードを所持し、それを並行利用していると
思わぬこところで、失敗をしてしまことがあります。

 

途上与信の記事にも記載しましたが、各社が加盟する
信用情報課金を介してアナタの本人情報や
債務情報を定期定期に照会しています。

 

本人情報では、住所や電話番号に変更がないかを
チェックしています。
債務情報では、他社の利用状況を見るとそこに
答えが載っていたりします。

 

今、あなたは同一の信用情報機関に加盟する消費者金融を
利用中だとします。
そして、転職したとします。
B社には変更届けを提出したが、C社には未提出だとします。
ある日、途上与信の為信用情報機関にあなたの情報を照会しました。

 

すると、勤務先が変更になっているが自社には変更届けが
出されていないと判明します。
これは、契約事項に記載されている「届け出事項の変更」の
条項に抵触してしまいます。

 

C社にしてみると、変更の義務を怠ったと解釈します。
悪気がなくても、そう判断されてしまうのです。

 

減額にならない為の注意点(債務情報)

 

今、あなたは同一の信用情報機関に加盟する消費者金融を
利用中だとします。
そして、X社と新規契約したとします。
このX社もB・C社と同様の信用情報機関に登録していたとします。
B社が途上与信の為信用情報機関にあなたの情報を照会しました。

 

ついこの前まではC社だけの利用だったのに
新たにX社が増えています。
いま、50万円の利用限度額だったが
30万円まで下げて様子をみてみよう・・・
という結果になる場合もあります。

 

減額は必ずあなたの行動何かがつくりだしています。

特集!失敗しないキャッシング会社を選ぶために

即日融資カードローン

フリーター・主婦でも借りれるカードローン

収入証明書不要のカードローン