キャッシング審査に落ちてしまった

審査に落ちてしまったら!?

審査が通らなかった方へ

 

全ての申込手続きが完了し、審査が通らなかったという方も
いらっしゃると思います。
今回は自分に非がないを前提に、審査が通らなかった理由を
検証してみたいと思います。

 

 

職種(職業)について

審査が通らない原因の1つに、職業があります。
職業によっては、無条件でその就業者を審査を落とす会社もあるようです。

 

また、勤続年数の短さもネックになってきます。
半年間程度の勤続の場合は、ほぼ落とされてしまうと思って頂いて
よいかもしれません。

 

モデル像が原因?

審査方法の記事で説明しましたが、あなたの属性に近いモデル像の
過去のデータを元に審査が行われます。

 

ですので、あなたに非がなかった場合でも
あなたに近いモデル像が過去に悪さをしていると
審査を落とされてしまう!なんて事もあります。

 

また、同姓同名&同生年月日の人がいたとして
間違って照会されてしまうなんて事も考えられます。

 

信用情報機関の登録情報の誤り

審査が行われます。
ですので、あなたに非がなかった場合でも
あなたに近いモデル像が過去に悪さをしていると
審査を落とされてしまう!なんて事もあります。

 

また、同姓同名&同生年月日の人がいたとして
間違って照会されてしまうなんて事も考えられます。

 

信用情報機関に対して開示請求をすれば、本人に限り個人情報を
開示してくれますので、全く非が見当たらない場合は
そいった方法で調べてみるのも良いかもしれません。

 

親族の利用状況について

親族と自分の属性が違う場合でも、親族の利用状況が
良くない場合、審査に影響が出てしまう場合もあるかもしれません。

 

借入のさいに連帯保証人等が必要なわけではありませんが
たとえば、親に返済能力がないという利用履歴が残ってしまっていると
印象がよくありませんので、少なからず審査に影響があるかもしれません。

 

同じ会社の人の利用履歴

自分の会社の人が過去に良くない利用履歴を残してしまった場合
審査を落とされる可能性はあります。

 

また、自分が勤務する会社内に、同じ消費者金融から借入をしている人が
いる可能性もあります。
従業員数にもよりますが、その消費者金融に半数以上が顧客登録をしている
場合、たとえ優秀な利用履歴であっても、高い確率で審査を落とされる
ようです。

特集!失敗しないキャッシング会社を選ぶために

即日融資カードローン

フリーター・主婦でも借りれるカードローン

収入証明書不要のカードローン