キャッシング利用規約

審査が通ったあなたへ

無事に審査に通った方に知っておいて欲しいのが
規約のことです。
申込の意思確認時に注意事項は伝えられますが
返済方法や簡単な注意事項は説明してくれますが
詳細な規約は説明がありません。

 

かと言って、契約書の裏面にびっしり書かれた
規約を読む気にもなれないかと思います。

 

今回は規約の注意点の、特に重要な点をピックアップして
ご紹介していきたいと思います。

 

利用限度額

各社が審査し、その人に合った利用限度額を設定されます。
この金額がつまりは、自分の信用度になります。

 

 

ここで注意したい点は、「当社が相当と認めた場合利用限度額が変動する」
という点です。
増額があれば、減額もあります。詳細はまた別途記事に書かせて頂きます。

 

ポイントとしては、「当社が」という点です。
あなたが些細な事と思っていても、業者からすると
些細なことではない場合もあります。
そうなると、減額されてしまう事もありますので
注意が必要です。

 

届け出事項の変更

 

契約時に記載した住所や電話番号が変更になった場合
それを届け出なくてはいけません。

 

変更事項のなかで、利用者が届け出を怠りやすいのが
勤務先です。
業者が変更に気付きにくいのも勤務先です。
通常に利用している限り、勤務先に連絡をしてくる事は
ほぼないからです。

 

自宅電話や、携帯電話を変更届しておけば連絡は
取れるので、勤務先の変更は届けなくてもいいかと思いがちです。
しかし、ここも注意が必要です。

 

勤務先というのは、あなたの収入元です。
つまり、返済に直結する部分なわけなので
業者としては、把握しておきたい部分になります。

 

連絡がつかない、最悪な状況も考えて
現住所であれ、勤務先でであれ情報を知っておきたいという
事情もあります。

 

新規契約時に、住所・連絡先・勤務先は必ず聞かれます。
つまり、業者からすると重要な事項になるのです。

 

届け出の変更忘れは、業者は債権保全を盾に
カード利用一時停止や、減額を実行してくる
場合もありますので、最新の注意を払ってください。

特集!失敗しないキャッシング会社を選ぶために

即日融資カードローン

フリーター・主婦でも借りれるカードローン

収入証明書不要のカードローン