キャッシングの審査基準

キャッシングの審査基準について

キャッシングは、お金の借入が出来る非常に優れたサービスではありますが、誰もが無条件で融資を受けられるということはなく、お金を借りる為には「審査」に通過する必要があります。しかし、この審査というのが非常に厄介な存在…。なぜなら、審査基準が明らかにされていないからです。アコムやプロミスといった消費者金融系もそうですし、みずほ銀行カードローンなどの銀行系も同様です。

 

その為、審査に少しでも通過出来るように対策を練りたくても練られないという現状があります。でも、各キャッシング会社の審査申し込み時に記載する項目に注目することで、審査基準を予想することが出来るので、このページではキャッシングの審査基準についてお話したいと思います。

 

大切なのは年収!

それぞれのキャッシング会社は融資条件として「安定した収入」ということを明記しています。つまりこれは、毎月安定した収入があるかどうかということです。それを見るために年収のチェックが行われていると言えるでしょう。年収の記載は審査時において必須ですし、この金額から利用可能額が設定されたりもしています。

 

また、年収については「金額」だけではなく「継続性」も見られています。例え、先月と今月で十分な収入があったとしても、来月以降はどうなるか分からない、2ヶ月前は無収入だったということになってくると、審査に影響すると言えるでしょう。

 

ローン残高も見られています!

意外と見られているのが申込者のローン残高です。既にローンのある方限定とはなりますけど、借入金額が多く残っていると審査に落ちてしまう可能性もあります。ローン残高があると、そこにプラスして借金をするわけですから、返済が苦しくなるのは容易に予想できますよね。ですので、キャッシング会社は「貸したお金が返ってくるのか?」ということを重視して審査を行っています。

 

居住年数や勤続年数も大事!

キャッシング会社は審査基準に「安定した継続性のある収入」ということを絶対条件としているのですが、これを確認するために手っ取り早いのが、現在の住んでいる家の居住年数と家賃、そして、会社の勤続年数です。この期間が長いと、長期にわたって安定した収入を得ているということになりますが、仮に、この期間が短いと「安定性が不透明」と判断されることもあります。ですので、この2つの期間が長ければ、十分な年収がなくても、審査に通過するということは十分に考えられますね。

 

以上がキャッシング会社の審査基準の予想となっております。どの会社も独自で審査基準を設けているので、全ての会社に共通するとは言えませんが、大筋としては上記のような内容になっていると考えて大丈夫でしょう。

特集!失敗しないキャッシング会社を選ぶために

即日融資カードローン

フリーター・主婦でも借りれるカードローン

収入証明書不要のカードローン