キャッシング返済

はじめに

返済日には、つぎの設定方法があります。

 

・毎月一定日
・35日サイクル

 

これは、各社独自に設定している部分ですので
詳細は各社に必ず、確認をしておきましょう。
今回は、この返済に関してお話します。

 

毎月一定日

一か月のうち、必ず1回返済日がくるように設定されています。
各社によってその設定基準が若干異なります。

 

契約時、利用者自身が任意で返済日を設定できる場合もあれば
あらかじめ用意された返済日の中から任意で設定できる
場合もあります。

 

また、利用者の給料日を起算として
そこから数日以内のいずれかの日を返済日として指定させる
パターンを取る会社もあります。

 

ただ、一定日とは言え前倒しで返済する事は可能です。
その場合、同返済日の2週間前以上に返済すると
任意増額返済の扱いとなり、次回返済日に更新されません。

 

【注意点】
・月に2回返済居日が来る事になりますのでご注意ください。
・返済日を勝手に変更できない。(契約内容の変更手続きが必要)

 

【メリット】
毎月一定の為、返済日を忘れてしまう!という事を防げます。

 

35日サイクル

消費者金融業界の場合、なぜか35日サイクルの返済日を設定している
業者が多い状況です。
これは、次回返済日が当回返済日翌日より35日以内という
周期を取っています。
35日という数字には、ちゃんとした理由があります。

 

30(31)日は1月の日数です。
通常、給料日は月1回と考えられ、それを日数換算すると
30(31)日に1回となります。
返済日を毎月一定日に置く意図はこれをベースにしています。

 

いまでこそ、その返済方法はATMを介しての返済が主流と
なっていますが、ATMがない時代は店舗に直接持参により
返済が通常でした。

 

給料日は、どこの企業も似たり寄ったりで毎月25日という設定が
比較的多いようです。
いまでこそ、10日払いや30日払いと給料日は各社ばらばらですが
昔は、大方25日が給料日という風潮でした。

 

そうなると、おのずと返済の為に来店する利用者が同一日に
集中してしまいます。
そこで、店舗としても以下の考え方が必要となったようです。

 

・店舗の混雑緩和を考慮。返済による来店者の分散化を狙い
1カ月+数日間に猶予を設けた。

 

そこで、何日ぐらいの猶予を設けようかという点も
決めなくてはいけないので、その根底として次の考え方が
持ち上がりました。
・土、日曜日しか来店できないお客さんが多かった為
給料日の周期+つぎに来る土日までの日数(月〜金 5日間分)
を猶予として設けました。

 

この2点をベースに35日サイクルが出来ています。

特集!失敗しないキャッシング会社を選ぶために

即日融資カードローン

フリーター・主婦でも借りれるカードローン

収入証明書不要のカードローン