キャッシング返済方法と約定返済額

はじめに

現在各社とも、リボルビング方式による返済方法が主流です。
これは、一定の利用限度額の範囲内で自由に反復借入ができ
別途定められる最少返済額以上を返済する方式です。
ATMによる入出金が主流になった事から、借入・返済のたびに
契約書を交わす必要もなく、そのシステムにマッチした形態といえます。

 

その最少設定額の設定の仕方について書いていきたいと思います。

 

最少設定額の設定方法

各社若干の違いはありますが「最少返済額」の内訳は
利息十元金で構成されており「約定返済額」と称されている
場合も多いです。

 

あくまでも最少額であり、これ以上の金額を返済することも当然可能です。
じつは最少額以下でも大丈夫だったりします。

 

現在、各社ともに取引後の明細書に「次回の最少返済額」を公示してくれるため
返済方式を気に留める必要はないのかもしれませんが、覚えておいて損はありません。

 

返済金充当順位

最少返済額は利息十元金で構成されていると記載しました。
その内訳の中でも優劣はつけられます。
なかでも「元金」は絶対最後に充当されます。

 

最初に充当されるのは利息となりますが、これは通常利用に
限った時のことです。
たとえば、3日間延滞してしまった場合、その遅延損害金
が一番最初に充当される場合もあります。

 

また、口座振込みなどによるキャッシングの場合
その振込手数料分が次回の返済時に、イチバン最初に充当される
会社もあります。
結局元金は、利息をはじめ諸々の手数料を引いた「残金」が充当されます。
業者も利益を求めないといけませんので、仕方ない事ですね。

 

リボルビングの利用例

【利用限度額30万円の場合・・・】

 

●20万円キャッシングすると・・・
 借入残高20万円、利用可能額10万円
※あと10万円キャッシング可能

 

●5万円返済すると・・・・・・・
 借入残高15万円、利用可能額15万円
※あと15万円キャッシング可能

 

●10万円キャッシングすると・・
 借入残高25万円、利用可能額5万円
※あと5万円キャッシング可能

特集!失敗しないキャッシング会社を選ぶために

即日融資カードローン

フリーター・主婦でも借りれるカードローン

収入証明書不要のカードローン